Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/11/12 (日)

[][]負荷分散仮想アプライアンス 負荷分散仮想アプライアンス - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - 負荷分散仮想アプライアンス - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMwareは11月7日(現地時間)、現在米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されている同社主催のカンファレンス「VMworld 2006」において、バーチャルマシン環境の売買を行う仕組みを提供する「Virtual Appliance Marketplace and Certification Program」を発表した。バーチャライゼーション(仮想化)環境において、導入後すぐにシステムとして利用できるイメージファイル「Virtual Appliance」を、認証・売買するためのマーケットプレイス環境「Virtual Appliance Marketplace」を提供する。これにより、仮想化環境を用いた迅速で低コストなシステム展開が容易になる。

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/11/08/103.html

ということで、最近急に増えてきたVM環境を使用した仮想アプライアンスがまた1つ。

Zeus Technology は7日、仮想環境におけるトラフィック管理システムの新版『Zeus Extensible Traffic Manager Virtual Appliance』(ZXTM VA) を発表した。同製品は仮想アプライアンスとして、VMware の仮想環境で機能する。

http://japan.internet.com/busnews/20061108/11.html

トラフィック管理を仮想化することは環境によってマッチする場合とあまりマッチしない場合があるだろうが、別途ハードウェアを用意したり、管理しなければならないデバイスを増やさずに「機能」を得られるVMアプライアンスはやはり便利ということか。

同製品は、VMware の仮想アプライアンス認定『Virtual Appliance Certification』を取得しており、データセンターインフラVMware ESX Server 3』における動作が保証されている。同製品の運用に、別途ハードウェアを用意する必要はない。

ESX Server上でVMで構成したサーバを負荷分散するのであれば、実際にはメモリ上のデータ転送による高速な負荷分散ができることになり、別途アプライアンスを使うよりも高速な処理が可能になる場合もあるだろう。