Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/09/09 (土)

[]RHEL5β登場 RHEL5β登場 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - RHEL5β登場 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

Red Hat社は,サーバー用途のLinuxディストリビューションの新版「Red Hat Enterprise Linux 5」(RHEL5)の最初のベータ版となる「Beta 1」を2006年9月7日米国時間)に公開した。32ビット版(i386/i686)と64ビット版(x86_64)に加えて,PowerPC版,米 IBMのzSeries版も利用できる。

従来版(RHEL4)に比べ,(1)仮想化ソフトXen」を組み込んだことと,(2)ネットワークにつながったどのパソコンにおいてもユーザー独自のデスクトップ環境サーバーから呼び出して使える「ステートレスLinux」機能を組み込んだこと,が大きな違い。このほか,インストーラカーネルドライバモデルの改良,iSCSIなどのネットワークストレージ対応,といった強化点がある。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060908/247544/

最近SUSEに押され気味の感のあるRedHatですが、RHEL5でどこまで巻き返せるか。

どちらかというと先進的な機能を積極的に取り入れるSUSEと、先進的な部分はFedoraにまかせてかなり安定志向の強いRedhatというイメージがありますが、サーバ製品としてどれだけ受け入れられるかは結局はその上で動作することがサポートされるアプリケーション次第であるわけで、そのあたりに差がなくなると価格勝負になり、Redhatにとって苦しい立場になる状況といえるでしょう。

Windows vs Linuxの争いが注目されているが、実際にはLinuxの中での各ディストリビューション間の争いの方が熾烈なのかもしれない。

2006/08/02 (水)

[][]Xenにたいする考え方 Xenにたいする考え方 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Xenにたいする考え方 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

オープンソースの仮想化ソフトXen」に対する顧客のニーズは「極めて」高く、Novellはすでに同ソフトウェアの出荷を開始しているにも関わらず、Red Hatのある上級幹部は、同ソフトがまだ企業で使用できる段階にはない、と慎重な姿勢を崩していない。

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20187627,00.htm

"Server"用途として使用するだけの信頼性を持っているかどうかの判断が難しい。高負荷状態になった場合や、あるVMに障害が発生した場合に完全に他のVMに対して影響を与えないといえるのかどうか等、どのラインを超えたら信頼できるといえるのかどうか、判断のわかれるところだろう。

XenEnterprise用途に使用できるようになるかは信頼性だけでなく、管理や運用のしやすさをもっと追求する必要もある。

SUSERedhatの判断がどういう結果につながるのか、しばらく注目していきたい。