Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/09/13 (水)

[][]Messaging Security Gateway for VMware Messaging Security Gateway for VMware - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Messaging Security Gateway for VMware - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

先日MetaInfoの"Virtual Appliance"を扱ったが、続いて仮想化環境アプライアンス製品として使おうという製品が出て来た。

プルーフポイントの製品マネジメント担当バイスプレジデント、アンドレス・コーン氏によると、新製品「Messaging Security Gateway for VMware」は第4四半期中のリリースが予定されており、同社のWebサイトからダウンロードするかたちで提供されるという。

同製品のユーザーは、プルーフポイントアプライアンスソフトウェアモジュールと同様のスパムウイルス対策およびコンテンツ管理機能を、仮想環境のメリットを享受しながら利用できる。

http://www.computerworld.jp/news/trd/48774.html

たしかに、今後サーバの仮想化がある程度一般的になれば、アプライアンスとして箱モノを導入するということに対して抵抗感を持つユーザが出てくるかもしれない。そういう意味で、仮想化環境向けにアプライアンスを提供するという形は今後増えてくるかもしれない。

ダウンロードして仮想化環境に組み入れるだけですぐに使用でき、バックアップも仮想化環境に備わったスナップイメージのような価値で取っておけば復旧も簡単だ。仮想化環境で十分実用的な性能を発揮できるのであれば、選択肢として十分考えられる答えといえるかもしれない。