Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/11/28 (火)

[]Unicerter Advanced Systems Management r11.1 Unicerter Advanced Systems Management r11.1 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Unicerter Advanced Systems Management r11.1 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

CAも仮想化サーバの統合管理ソフトリリースしてきました。

米国CA11月27日、さまざまなベンダークラスタ化されたサーバや仮想化されたサーバを統合管理することが可能なソフトウェア・ツールの新バージョン「Unicenter Advanced Systems Management(ASM) r11.1」を発表した。

http://www.computerworld.jp/news/sw/53389.html

CAといえばARCserveという人は多いだろうが、管理ツールでも大手ベンダーである。

同社のASMマーケティング担当ディレクター、パウラ・ダレイ氏によると、新バージョンは、単一のインタフェースを使って、仮想化されたサーバサーバクラスタで構成されるシステムを統合的に管理できる。企業のITスタッフは、同一のコマンドを使って、ヴイエムウェアやマイクロソフトレッドハット、サン・マイクロシステムズ、ヒューレット・パッカードIBMなどの仮想システムを一元的に管理できるという。

どこまでこのASM r11.1が「使える」のかはわからないが、「同一のコマンド」で仮想化環境を管理できるようになるということは、逆に捉えればCA管理ツールなしには管理ができなくなるということを意味しているわけで、なかなか上手いことを考えるものです。

バージョンのr11は、管理データベースのIngresを使ってマイクロソフトやヴイエムウェアの仮想システムに管理機能を提供していたが、新バージョンでは、管理データベースSQL Serverに変更された。

最近アプリケーションDBを外だしするやり方が多い。アプリケーションデータバックアップなどを一元管理することが可能になるわけで、ユーザとしてもメリットが多いだろう。

ASMを使うには、CAのNetwork and System Managementを導入する必要がある。同ツールは、ASMとは別の製品であり、価格はおよそ1万ドル。そのため、11月27日に出荷が始まったASMの価格は、3万ドル以上になる。

必要か機能を満たしているのであれば、こうした管理ツールを使うことのメリットコスト面を考慮した上で検討する意味はあるだろう。