Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2007/01/18 (木)

[]VMware Workstation & VMware Player導入ガイド VMware Workstation & VMware Player導入ガイド - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - VMware Workstation & VMware Player導入ガイド - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

最近はESX ServerやXen, Virtual Serverなどのサーバの仮想化に注目が集まっていますが、x86の仮想化で最先端を走るのは今でもWorkstation。だいたいWorkstationに新機能が追加され、それが次第にサーバ向け仮想化アプリケーションにも反映されていく、というのが一般的な流れです。そんなわけで、WorkstationとPlayerの導入記事。ま、参考まで。

個人ユーザで利用可能な仮想化テクノロジ製品としては、無料で提供されているVMware Playerや非常に低価格で利用可能なVMware Workstationという選択肢があり、これらを利用すれば、手元にある安価な市販型マルチコア系ハードウェアの処理能力を最大限に活用することができるのだ。

http://opentechpress.jp/developer/07/01/15/016216.shtml

最近クライアントPCでもマルチコアCPUが一般化してきたので、仮想化アプリケーションの使用は十分使用に耐えるパフォーマンスが期待できます。

[]導入ガイド 導入ガイド - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - 導入ガイド - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

システムの仮想化、という大きなくくりで考えればLinux環境の仮想化の1方法といえるUMLの導入記事。参考になります。

User Mode LinuxUML)を使えば、ホストLinuxカーネルユーザモードプロセスとしてLinuxカーネルを実行することが可能であり、1台の物理ハードウェア上で複数の独立した仮想マシンを容易に実行できる。

http://opentechpress.jp/developer/07/01/15/0111214.shtml