Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/09/22 (金)

[]事例:アクサテック 事例:アクサテック - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - 事例:アクサテック - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

現在アクサテックは、メルボルンと本社のデータセンターにおいて、9台の物理サーバで131台の仮想サーバを稼動させている。これにより、約90%のスペースを削減した。

http://japan.zdnet.com/sp/case/story/0,2000056379,20242667,00.htm

9台の物理サーバで131台の仮想サーバってことは、単純計算だと1台あたり15VM程度か。ま、そんなもんかな。

今後は、現在使用している物理サーバの統合を進め、より効率的な運用を行っていく計画だ。さらに、「VMware Infrastructure 3」への移行により、現在稼動中の仮想サーバを統合する計画もあるという。

仮想サーバを統合?

VMwareはVI3への移行を促すために2.5.xから3.0への移行がより簡単に出来るような仕組みを作ってくるはず。でもそうなるとこんどは仮想サーバ移行って仕事が増えてくるのかなぁ…。