Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/09/05 (火)

[]どのレイヤーで仮想化するのか どのレイヤーで仮想化するのか - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - どのレイヤーで仮想化するのか - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

SoftGridの仮想化のやり方も色々な使い方ができそうだ。

汎用性という意味ではOSレベルの仮想化に劣るかもしれないが、パフォーマンスや柔軟性ではSoftGridが提供するアプリケーションレベルの仮想化も使い様といえる。

Softricity 社の SoftGrid Application Virtualization Platform は、アプリケーションOS の間に位置する仮想化技術です。どういうことが可能になるかというと、

1) すべてのアプリケーションで可能というわけではなく、あてはまらないものもあります。

http://blogs.technet.com/stanabe/archive/2006/09/04/453949.aspx

要はアプリケーションごとに仮想的な実行環境クライアント側に提供することによって、クライアント上で直接アプリケーションが動作しているのとまったくかわらない操作性をユーザに提供することを実現しているのですが、クライアント上で動作しているOSが対応していないアプリケーションもSoftGridが緩衝材となって動作させるようにしようというところが単なるTerminal Serverとは異なります。

様々なレイヤーの仮想化機能が提供されてきており、組み合わせて活用することはかなり難解ですが、考えようによっては環境や構成に束縛されない柔軟な構成が可能となっているということでもあり、今後のシステムにおける発展の方向性はまちがいなく仮想化に向かっていくのではないかと考えています。

[]お役所 お役所 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - お役所 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

なんで日本はこういう部分にお役所が顔を出すのだろう。

支援とか後援、協力ならいいが、役所主導というのは結局あいまいアウトプットしか出せない気がする。

経済産業省2007年度の事業として仮想マシンを開発する。オープンソース仮想マシンソフトウエアである「Xen」をベースに,異なるOSユーザーアクセス情報を統合管理する機能や,セキュリティや堅牢性を向上させる機能などを開発する。開発した成果はオープンソースソフトウエアとして公開する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060904/247122/

このプロジェクトに15億円費やすなら、ベンチャー支援でもやってみたらいかがだろうか。

[]仮想化というよりWindows互換Layerだが 仮想化というよりWindows互換Layerだが - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - 仮想化というよりWindows互換Layerだが - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

MYCOMジャーナルMacWindowsアプリケーションを使うためのWin32 API互換レイヤーを提供するアプリケーション"CrossOver Mac 6.0.0"のレビューが掲載されている。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/09/05/crossovermac/

要はIntel Macになったことによりより現実的に可能になったWine有償版といったところ。

やはり不具合は色々とあるようだが、意外と使えるようで長期的に見れば期待できそうではある。