Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/09/01 (金)

[]Virtual Server 2005 R2 - 64bit対応 Virtual Server 2005 R2 - 64bit対応 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Virtual Server 2005 R2 - 64bit対応 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

同じスペックマシンで64bit OSと32bit OSのそれぞれの上にVirtual Server 2005 R2を導入してパフォーマンスを測定した結果が興味深い。

結果は,同じ仕様ハードウエアにもかかわらず,64ビット版Virtual Server 2005 R2の方が,32ビット版に比べて約18%高い性能が見られた

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060809/245488/?ST=cpu&P=2

単に広大なメモリ空間を扱うことが出来るだけでなく、結果としての処理性能にも差が出ている。

64bit化には仮想化技術がかなり貢献するのかもしれない。

[]仮想化に対する評価 仮想化に対する評価 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - 仮想化に対する評価 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

たしかにお題目先行で過大に評価されていることは事実だとは思う。

米国マサチューセッツ州の調査会社セージ・リサーチが、企業のIT購入担当者を対象に8月に実施した調査によると、2007年中にサーバ仮想化技術を導入する予定だとする回答は38%に上るという。しかし、同社では、実際に導入する組織の割合はその半分程度の20%弱にとどまると予測している。

http://www.computerworld.jp/mkt/trd/47851.html

しかし、次第にシステムインフラを検討する中で1つの検討項目として確実に検討される事項となりつつあることは事実だと思う。

技術の普及過程でしばしば見られるパターンと同じだ。それは、草創期に大いにもてはやされ、その後あまり大きな動きが見られなくなり、数年経って売上げが伸びるというパターンだ。仮想化技術も例外ではない」

現時点ではまだ試験的な導入が多いだろうが、インフラツールとしての将来性はかなりあるだろう。