Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/07/26 (水)

[]ESX Serverによるデータセンター ESX Serverによるデータセンター - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - ESX Serverによるデータセンター - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

全面的に仮想環境移行した企業の話。結局、仮想化しているんですが、そこまでの道のりは大変だったみたい。いまいち文章がわかりづらい。

ハピチャク氏によれば、このプロジェクトによって、人事の構成に変化が生じたという。より多くのサーバが自動化され、統合されるにつれ、ITスタッフの一部が解雇された。そして、データセンター現在、中央のロケーションに置かれ、スタッフはより高いレベルの経験を持った少数精鋭の集団となっている。

http://members.techtarget.itmedia.co.jp/tt/members/0605/18/news03.html

仮想化がユーザ企業の情報システム部門にあたえる影響も今後、じわじわと出てくるだろう。

ルーチンワークを行うオペレーターの必要数は減り、同時に高度な技能と経験を持った管理者は必要になってくる。

仮想化したことによって目に見える形のコストは削減できてもシステム管理には見えないコストもかかる。

仮想化すべきかどうか、するとしたらどの規模での仮想化を目標とするのか、仮想化に踏み切る企業がどの程度出てくるかはそのラインがどのあたりになるかが大きな影響を与えるだろう。