Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/07/20 (木)

[][]Xenと相互運用性を持った仮想化技術を次期Windows Serverに搭載 Xenと相互運用性を持った仮想化技術を次期Windows Serverに搭載 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Xenと相互運用性を持った仮想化技術を次期Windows Serverに搭載 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

REDMOND, Wash., and PALO ALTO, Calif. — July 17, 2006 — Microsoft Corp. and XenSource Inc. today announced they will cooperate on the development of technology to provide interoperability between Xen™-enabled Linux and the new Microsoft® Windows® hypervisor technology-based Windows Server® virtualization. With the resulting technology, the next version of Windows Server, code-named “Longhorn,” will provide customers with a flexible and powerful virtualization solution across their hardware infrastructure and operating system environments for cost-saving consolidation of Windows, Linux and Xen-enabled Linux distributions.

http://www.microsoft.com/presspass/press/2006/jul06/07-17MSXenSourcePR.mspx

このプレスリリースはどう受け取ればいいんだろう。

MicrosoftXenベースの仮想化に対応したWindows Serverをリリースするということなのだが、ということは現在Linuxでは対応されているカーネルレベルでのXenへの対応処理をWindows OSでも対応するようにするのだろうか?

その場合、Linux+Xen環境上でWindows OSは動作するようになるのだろうか(Intel VTなどを使うことなく)?「相互」運用性というならそうなるのだろうが、まだ情報が少ない現時点では何とも判断ができない。

いずれにしろはっきりしてきたのは、仮想化技術は「何にでも使われる」まではいかずとも「備わっていてつかうことができる」ことがこれでさらに当たり前になっていくだろうということだ。