Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2006/07/19 (水)

[]VMware Server正式版 VMware Server正式版 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - VMware Server正式版 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMware Serverでは、以下の機能を提供します。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=135867&lindID=1

正式版となり、VMware VirtualCenterも1.4にUpdateされた。

VMware Serverの無償化・有償サービスの提供が今後どの程度仮想化の「きっかけ」を提供していくことになるのか、1年ぐらいは興味深く見ていきたい。

[]VMware WorkStationを使いこなそう VMware WorkStationを使いこなそう - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - VMware WorkStationを使いこなそう - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMware平谷さんがVMware WorkStationの一歩進んだ使い方記事を書かれている。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060704/242381/

第1回目の今回は安全確保のためのVMのフルスクリーンでの自動起動の設定手順が説明されている。たしかに厳密な意味PCに入っている重要データを守るには、社外と通信するのは全てVM上とし、万一何らかの影響を受けてもデータは守られる「分離」が必要だ。起動時にフルスクリーンVMが起動してくれれば、一般のユーザも特に意識することなくVMを使用することができるだろう。

VMwareといえば最近はESX ServerやVMware Serverなどのサーバ用途製品が注目されているが、しぶとく使い続けられているVMware WorkStationはVMwareの最初の製品であり、現在でも最も先進的な機能が最初に取り入れられる製品でもある。VMware Serverも無料になったことだし、手元のPCに少し余裕があるようであれば、VM環境を手元に作ってみるとその便利さがわかると思う。

[]ルーティングコンパートメント ルーティングコンパートメント - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - ルーティングコンパートメント - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

仮想化技術ではないんですが…『広い意味の仮想化』だっていうもんですから…。

ルーティング コンパートメントは、個別の IP ルーティング テーブルを持つ単一のログイン セッションインターフェイスセットの組み合わせです。 1 つのコンピュータは互いに分離した複数のルーティングコンパートメントを持つことができます。各インターフェイスは、単一のコンパートメントにのみ属すことができます。

http://www.exconn.net/Blogs/windows/archive/2006/07/18/15132.aspx

んー。ちょっと難しい説明文だなぁ…。要はユーザごとにネットワーク設定を保持して同時に機能させることが出来るってことかな。たしかに真のマルチユーザOSを目指すためにはネットワークの分離も必要だとは思いますが。