Hatena::Group::Virtualization::takaochan RSSフィード

日記はこちら
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |

2007/11/13 (火) このエントリーを含むブックマーク

すいません、ここ最近こちらに全然投稿できてません。

仮想化関連の話題をBlogに織り交ぜるとごちゃごちゃになるかなー、と思ってはじめたはてなグループですが、やはりそういった話題も含めてBlogにしていった方が情報が集中してよいので、今後は基本的に仮想化の話題もBlogにて触れていこうと思います。

もしよろしければ、Blogのほうで今後ともよろしくお願いします。

2007/09/16 (日)

[]AMD's nested paging tables! AMD's nested paging tables! - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - AMD's nested paging tables! - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

AT AMD'S QUAD-CORE BARCELONA launch event in Barcelona, VMWare's Steve Jackson, director of EMEA Strategic Partners told his attentive audience that the company's software does not support the chip's nested tables technology.

http://www.theinquirer.net/default.aspx?article=42308

メモリに関する仮想化支援機能はCPUにおける仮想化支援機能以上にパフォーマンス改善に効果があるのではないかと期待している。ゲストOSにおける仮想ページ→物理ページ(でも実は仮想化レイヤが割り当てている仮想ページ)→仮想レイヤにおける仮想ページ→本当の物理レイヤにおける物理ページと、ページテーブルの処理におけるオーバーヘッドはかなり大きいと思えるので。メモリ処理の高速化は特にDBなどのメモリにおける処理速度を必要とする類のサーバの仮想化をいっそう促すことだろう。

2007/09/13 (木)

[]ESX Server 3i ESX Server 3i - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - ESX Server 3i - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMworldでベータ版を配布したってこともあって、あちこちでレポートがあがり始めましたね。

日本語だとこちらだとか。

http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/topic/2007/09/13/11155.html

ベータ版をこの段階で配布するってところなど、完全にMicrosoftへの先制パンチ戦略だな。

[][][][][][]Open Virtual Machine Format Open Virtual Machine Format - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Open Virtual Machine Format - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

Dell,米Hewlett-Packard(HP),米IBM,米Microsoft,米VMware,米XenSourceの6社は,仮想マシンイメージの共通フォーマット仕様Open Virtual Machine Format(OVF)」(草案)を策定し,システム管理の標準化団体であるDistributed Management Task Force(DMTF)に提出した。DMTFが米国時間9月10日に明らかにしたもの。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070912/281730/?ST=security

どのベンダーも相互に変換するツールを用意する手間を現在はかけているが、数年後には仮想マシンの構成ファイル自体はある程度互換性の取れたものになるだろう。

仮想マシン構成ファイルに互換性が確保されることは、ユーザとしてはロックインされるリスクを軽減し、選択の幅が広がるという意味で歓迎できる。

[]Open Virtual Machine Tools Open Virtual Machine Tools - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Open Virtual Machine Tools - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMware9月11日、仮想化ツール「VMware Tools」の大半をオープンソースとして公開したと発表した。

VMware Toolsは、VMware仮想マシンパフォーマンスを強化し、管理を改善するゲストOS仮想化コンポーネント一式。「Open Virtual Machine Tools」プロジェクトの一貫としてオープンソース化する。

コードSourceforgeで公開され、Linuxベンダーは自社のOSに組み込むことができる。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/12/news039.html

そうきましたか。

たしかに些細な部分とはいえ、ゲストOSとして導入するOSにおいて唯一仮想マシンであることを意識する部分であるVMware Toolsがオープンソースになり、デフォルトで各OSに組み込まれるようになればより仮想化の壁は低いものとなるわけで。

The Open Virtual Machine Tools (open-vm-tools) are the open source implementation of VMware Tools. They are a set of guest operating system virtualization components that enhance performance and user experience of virtual machines. As virtualization technology rapidly becomes mainstream, each virtualization solution provider implements their own set of tools and utilities to supplement the guest virtual machine. However, most of the implementations are proprietary and are tied to a specific virtualization platform.

http://open-vm-tools.sourceforge.net/

2007/09/12 (水)

[]VMware ESX Server 3i VMware ESX Server 3i - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - VMware ESX Server 3i - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMware9月10日米国時間)、ホストOSを必要としないハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアで、サービスコンソールをも省いた次世代の仮想化ソフトウェアVMware ESX Server 3i」を発表した。サービスコンソールの組み込まれていないハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアは、ESX Server 3iが初めてだという。

従来のハイパーバイザーソフトVMware ESX Server」では、仮想化を実現するカーネル「VMkernel」と、インターフェース部分にRed Hat Linuxベースとしたサービスコンソールが動作していた。今回発表した3iは、VMkernelのみで仮想化を実現し、サービスコンソールのないハイパーバイザーとなる。そのためサイズもコンパクトで、従来のESX Serverのサイズは約2Gバイトだったのが、3iでは32Mバイトとなった。

ハードウェアの監視は、サービスコンソールに代わるものとしてCIM(Common Information Model)をサポートする。

サービスコンソールが不要となることで、インストールの手間がなくなり、仮想化レイヤの管理が簡素化されるほか、セキュリティも強化される。ESX Serverでは、セキュリティパッチの半分以上はサービスコンソール部分だったという。

ESX Server 3も引き続き販売を続けるが、新タイプの3iは、DellIBM、Hewlett-PackardといったサーバベンダーOEM提供され、各社がそれぞれのサーバに搭載した形で提供する。

3iは、年内にもサーバベンダーから提供開始される予定だ。VMwareでは3i単体での販売も予定している。

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20356063,00.htm

3iをはじめとして、色々書くべきことはたくさんあるのだけれども、とりあえずVMworld終わってからにする。

2007/09/09 (日)

[][]Intel inside on VMware Intel inside on VMware - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - Intel inside on VMware - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

Intel社は2007年9月、仮想化ソフトウエア開発企業である米VMware社の株式の12.6%を所有する旨を、米国証券取引委員会(SEC)への届出により公表した。このことは、Intel社が仮想化技術の将来にいかに期待しているかということを裏付けている。

これまで、Intel社はVMware社の株式の2.5%を取得すると見られていた。しかし、今回の届出によれば、その5倍近くの出資をVMware社に対して行ったことになる。Intel社製品のアーキテクチャVMware社のプラットフォームによって仮想化が実現されており、またVMware社製品が搭載されているシステムのほとんどにはIntel社製品が搭載されている。Intel社によれば、「VMware社に対する投資は、当社製品アーキテクチャへの仮想化製品の採用を促進し、仮想化技術の価値を強化することを目的としている」のだという。

http://www.ednjapan.com/content/l_news/2007/09/u3eqp300000178vk.html

2.5%ならともかく、12.6%っすか。

IPOされた分の大半をIntelが買っていたということ?それとも別枠買い?

いずれにしろ、Intelがここまで入れ込んだことはそれなりに本気なんでしょうね。MicrosoftとのWintelに続き、VMwareとのVMwaretel?を目指すのでしょうか。

2007/09/08 (土)

[]System Center Virtual Machine Manager 2007 System Center Virtual Machine Manager 2007 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - System Center Virtual Machine Manager 2007 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

Windowsの支配力維持を狙う米Microsoftが、VMwareを標的にした新しいソフトを立ち上げた。VMwareは、1台のサーバを複数のマシンのように動かす「仮想化」技術の最大手だ。

9月6日発表された「System Center Virtual Machine Manager 2007」は、企業が仮想化技術を導入し、管理を中央集中化し、VMwareを走らせているマシンMicrosoftフォーマットに変換できるようにする。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0709/07/news060.html

まぁそんなに大きなニュースでもないとは思い増すが…。

仮想化フォーマットそのものの変換はもはやたいした障壁ではなくなっているので、大きなポイントは機能や価格、そしてなんといっても市場においてデファクトスタンダードの地位を占めていることが重要になってくるだろう。

2007/09/04 (火)

[]VirtualBox 1.5.0 VirtualBox 1.5.0 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan を含むブックマーク はてなブックマーク - VirtualBox 1.5.0 - Hatena::Group::Virtualization::takaochan

VMwareXen、さらにはParallelsの影にも隠れてしまっている気もするが、細々と、着々とUpdateを重ねています。

Innotekは3日、仮想化ソフトの最新版「VirtualBox 1.5.0」をリリースした。対応プラットフォームWindowsLinux。個人および評価目的の場合は無償利用できる商用ライセンス版と、GPL が適用されるオープンソース版の2種類が提供される。商用ライセンス版はバイナリパッケージオープンソース版はソースコードの形で提供される。 Intel Macに対応した商用ライセンス版は、現時点ではバージョン1.4.1β2にとどまる。

http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/03/001/

VirtualBoxは、ドイツInnoTek社が開発した仮想ソフトウェア。仮想デバイスとリコンパイラ技術にはQEMUGUIにはQtを利用するなど、オープンソース技術を取り入れて開発が進められている。商用ライセンス版とオープンソース版の2種が用意され、前者はRemote Display Protocol(RDP)とiSCSIUSBおよびUSB over RDPをサポートするなど後者と機能差がある。

ふむ。商用版とオープンソース版では機能にも違いがあるんですか…。